About

Profile

Takuro Okuda / 奥田拓郎

内装職人を経てwebデザイナーをする傍ら、2015年より独学で人形づくりを始める。
同年開催の人形コンクールにて入選。東京を中心に活動中。
主な展示歴として、少女礼讃(2021 Tokyo) iiwii Exhibition(2019 NewYork) ヴァニラ画廊大賞展(2017 Tokyo)など 

私のオブジェや人形は、文化と退廃、気配と幻想。これらのキーワードを元にを制作しています。
それらは、錆や炭などによって偶発的に浮かび上がる滲みや陰影によって唯一無二の個性を与えられます。
人形(ヒトガタ)というメディアは、人間に関する全てを表現できる総合芸術であり、多くの可能性を秘めていると感じています。

 

Starting my career as an interior craftsman then as a web designer, I started to teach myself the art of creating ball-jointed dolls in 2015.
The same year I received a price at a doll creator contest.
I am currently active around the Tokyo area.
Main Exhibitions: 「Shojo Raisan」(2021, Tokyo) , iiwii Exhibition (2019, New York) and Vanilla gallery competition (2017, Tokyo). 

My dolls and objects are a sculpted around culture and decadence ,  vague presence of something indescribable and fantasy.
Using for example rust and ashes to stain the artwork they leave unpredictable shadows and bleed into a certain individuality that can not be recreated.
To me ‘human shaped dolls’ are the perfect medium to express anything related to ‘the human being’.
I feel that this comprehensive-art holds an unbelievable amount of possibilities, beyond one’s dreams.

▼2015
3月「第7回創作人形コンクール」
MAXふくしま A・O・Z  *入選
11月「人形シンポシオン MIDOW展2015 」
御堂筋ホール心斎橋   *入選

▼2016
3月「第3回クラフトアート人形マッチングコンクール」
上野松坂屋 本館7階 美術画廊  *橋本達士賞(ギャラリー花影抄)柴田悦子賞(柴田悦子画廊)
9月「蒼い人形展」「サロメの唇」
京都ライト商會

▼2017
3月「ヴァニラ画廊大賞展」
銀座・ヴァニラ画廊
5月「ROOM展」
下北沢バロンデッセ
9月「鏡地獄-ぼくらの江戸川乱歩-」
ギャラリーしあん
12 月「奥田拓郎・永島信也・森栄二 三人展 ~像~」
gallery 花影抄

▼2018
4月「骨董夜会」
京都ライト商會

▼2019
7月「iiwii 1st Exhibition in New York」
TriBeCa,NewYork / ONE ART SPACE
9月「iiwii Exhibition in Tokyo」
OCHABIギャラリー

▼2020
5 月「内なる子供たち」 
gallery hydrangea